car128_128「カードローンの返済が苦しい。」「カードローンを数件借りていて新しカードローン審査に通らない。」という方にカードローンを返済するコツを紹介していきます。今回は「自動車は手放すべき」について解説します。

自動車ほどランニングコストがかさむものはない!

自動車は持っているだけでお金がかかってしまうものです。

  • ガソリン代
  • 自動車保険料
  • 車検代
  • 自動車税
  • 備品・消耗品代
  • マイカーローン
  • 駐車場代
  • 修理費
  • 有料道路通行料

ガソリン代

1世帯あたりの年間支出金額の平均は7万2千円(平成24年)です。月6,000円が平均値となっています。

自動車保険料

年齢に応じてかなり平均相場は異なるのですが、概ね5万円~8万円だと考えられます。月6,000円程度の支出です。

駐車場代

東京都の駐車場代の平均相場は36,491円です。千葉県が15,670円ですので、都道府県ごとに負担額は大きく変わってきます。

自動車税

総排気量1リットル超1.5リットル以下の乗用車で年間34,500円です。

単純に上記だけを計算しても

ガソリン代:6000円/月
自動車保険料:6000円/月
駐車場代:15000円/月
自動車税:3000円/月

合計:30,000円/月

これに修理代や車検代、備品・消耗品代、ローンを組んでいればマイカーローンの利息が入ってくるのです。「どれだけランニングコストが高くなるのか?」が一目瞭然なのです。

自動車の維持費相場

ソニー損保のアンケートによると維持費の相場は下記のようになっています。

hensai_car

  • 軽自動車:12,700円/月
  • コンパクトカー:15,500円/月
  • セダン:17,100円/月
  • ミニバン:18,500円/月
  • ステーションワゴン:18,900円/月
  • SUV・クロカン:23,900円/月

これには自動車税なども含まれていませんので、月2万円~3万円が自動車の維持費になるということです。

当然、自動車があれば出かける機会も増えるので、交際費の支出も増えるデメリットもあります。

カードローン返済の方法

  • 自動車を売却して売却額でカードローンの残高を減らす
  • 自動車を売却して維持費を軽減し、その分を繰り上げ返済してカードローンの残高を減らす

カードローン返済の効果

例:100万円のカードローン借入:36回払い

毎月の返済額:36,152円

1.自動車を手放して50万円で売却できれば

毎月のご返済金額18,076円に軽減されます。

2.自動車を手放して維持費をなくせば

毎月のご返済金額18,076円は、今までの自動車に支払っていた維持費2万円~3万円で賄えます。

十分に100万円ぐらいの借入は自動車の維持コストで返済が可能と言うことになるのです。

まとめ

自動車を保有することはカードローンを完済するまで、一旦あきらめて自動車の維持コストをカードローン返済に回すことで、十分にカードローンの残高を減らすことが可能になります。

自動車はカードローン返済後にもう一度手に入れれば良いのです。