「カードローンの返済が苦しい。」「カードローンを数件借りていて新しカードローン審査に通らない。」という方にカードローンを返済するコツを紹介していきます。今回は「タバコ代を節約する」 について解説します。

タバコ代でどのくらい使うのか?

喫煙する方は大分少なくなっているのが現状です。

JTの調査によると2016年5月現在のデータでは

2015年2016年対前年増減
男性31.0%29.7%-1.3ppt
女性9.6%9.7%+0.1ppt
男女計19.9%19.3%-0.6ppt

男性で3割、女性で1割という状況です。

年代別は

1日当たりの平均喫煙本数は

男性 18.5本
女性 14.7本

となっています。

男性の18.5本を基準に計算すると

18.5本 × 365日 = 6752.5本

1箱20本:400円のタバコと仮定すると

6752.5本 / 20本 = 337.6箱

337.6箱 × 400円 = 135,050円

1年間で13.5万円、月1万円以上のタバコ代を使っているのです。

喫煙者の平均値でこの金額ですから、ヘビースモーカーではゆうに倍近くの金額を使っているのではないでしょうか。しかも、同時にコーヒーを飲むためにカフェに行ったり、缶コーヒーを買ったり、無駄な支出もセットで増えてしまうのです。

少なくとも、カードローンの返済に苦慮している方の場合は、禁煙することでカードローンの返済に月1万円以上は回すことができます。

数十万円のカードローン借入であれば、タバコ代だけで最低返済額はクリアできるレベルの金額なのです。

借金を早期返済するのと健康を両立できるおすすめのカードローン返済方法と言えます。

カードローン返済の方法

  1. 禁煙する
  2. タバコ代が浮いた分をカードローン返済に充てる

カードローン返済の効果

月10,000円以上の節約

カードローン返済を実行する上での注意点

どうしても禁煙が無理な場合は・・・

どうしても禁煙が難しいという場合は、電子タバコなどに切り替える形で、節約を目指しましょう。

まとめ

タバコ代は税金とともに年々値上がりし、分煙も進んでいるため、喫煙に対するコストパフォーマンスはどんどん低下していっています。

少なくとも、カードローン返済をしている間は、早期返済を目指すモチベーションとしても、禁煙をしてカードローンを完済すべきです。