bank128_128銀行カードローンに絞ってカードローンを比較するときはどうすれば良いのでしょうか?今回は、銀行カードローンを比較するときの注意点を解説しながら、銀行カードローンを比較します。

銀行カードローン比較の注意点

1.銀行カードローンは上限金利が低金利というのがやはり第一条件

せっかく銀行カードローンを選ぶのであれば上限金利が低金利の銀行カードローンを選ぶべきです。金利が高ければ消費者金融カードローンと変わらないからです。

多くの方は

「同じ金利で合っても、消費者金融よりも銀行の方が安心できる。」

と勘違いしているのですが、銀行カードローンも支払わなければ債権は保証会社である消費者金融に移動します。つまり、支払い請求してくる会社は、銀行カードローンを選んでも、消費者金融カードローンを選んでも、どちらでも消費者金融になるのです。

「銀行カードローンが安心」というのはただのイメージ、既成概念なだけです。

だとすれば、銀行カードローンのメリットというのは金利が低金利であることですから、上限金利が低金利の銀行カードローンを選ぶべきなのです。下限金利が実際に適用されないのは消費者金融カードローンと同じなので上限金利が低金利の銀行カードローンを選びましょう。

2.審査に不安な方は保証会社の審査通過率を参考にする!

銀行カードローンは金利が低金利な分、審査は厳しくなります。

審査に不安があるという方は消費者金融カードローンを選ぶべきなのですが、それでも「銀行カードローンが良い」という方も多くいます。

この場合に注目すべきは保証会社の審査通過率です。

銀行カードローンの審査というのは保証会社が行っています。銀行カードローンの保証会社は消費者金融が行っているのです。

つまり、補償会社として入っている消費者金融を見れば、審査の難易度がわかるということになります。消費者金融の審査難易度は当サイトが集計している審査通過率の高さで比較できます。

3.即日融資ができる銀行カードローンも増えてきている。即日融資条件をチェック!

最近では即日融資が可能な銀行カードローンも増えてきています。

銀行店舗内の自動契約機でローンカード受取が可能な銀行カードローン

  • 三菱UFJ銀行カードローン
  • 三井住友銀行カードローン

キャッシュカードがそのままローンカード機能を持つ銀行カードローン

  • みずほ銀行カードローン
  • りそな銀行カードローン

ネットキャッシングが可能な銀行カードローン

  • 楽天銀行カードローン

などがあります。

銀行カードローンで即日融資を利用したいという場合には、これらの銀行カードローンが「どのような条件だと即日融資ができるのか?」融資条件をチェックしましょう。

例えば、即日融資だと思ってみずほ銀行カードローンに申込んでも、キャッシュカードを持っていなければ即日融資はできないのです。

カードローン即日融資可能度比較

4.最低返済額に注意する!

銀行カードローンの場合は

  • 最低返済額が2000円~3000円の安いもの
  • 最低返済額が1万円と高いもの

大きく分けて2つの種類が存在します。

最低返済額が低額設定の銀行カードローンは、返済負担は小さいものの完済までに時間がかかることになります。

最低返済額が高額設定の銀行カードローンは、返済負担は大きいものの完済までの時間が短い為、最終的な利息負担は軽減されます。

一概にどちらがおすすめということではないので、ご自身の返済プランに合わせて銀行カードローンを比較することをおすすめします。

銀行カードローン比較

カードローン名下限実質年率上限実質年率最大限度額最低返済額最短即日借入
楽天銀行スーパーローン1.90%14.50%800万円10万円借入時3,000円
住信SBIネット銀行Mr.カードローン0.99%7.99%1200万円10万円借入時2,000円-
住信SBIネット銀行Mr.カードローンスタンダードコース8.39%14.79%300万円10万円借入時2,000円-
オリックス銀行カードローン1.70%17.80%800万円30万円借入時7,000円-
イオン銀行カードローン3.80%13.80%800万円3万円借入時1,000円-
みずほ銀行カードローン2.00%14.00%800万円100万円借入時1万円-
三菱UFJ銀行カードローンバンクイック1.80%14.60%500万円借入利率年8.1%超は10万円借入時2,000円、年8.1%以下は10万円借入時1,000円-
セブン銀行カードローン15.00%15.00%50万円10万円借入時5,000円
じぶん銀行カードローン(じぶんローン)2.20%17.50%800万円10万円借入時2,000円
じぶん銀行カードローン(じぶんローン)auユーザー2.10%17.40%800万円10万円借入時2,000円
じぶん銀行カードローン(じぶんローン)借り換えコース1.70%12.50%800万円10万円借入時2,000円
東京スター銀行カードローン(スターカードローン)4.50%14.60%500万円30万円借入時5,000円
りそな銀行カードローン3.50%12.475%800万円50万円借入時10,000円-
三井住友銀行カードローン4.00%14.50%800万円50万円借入時10,000円
千葉銀行カードローン1.70%14.80%800万円10万円以下借入時2,000円-
横浜銀行カードローン1.90%14.60%1000万円10万円借入時2,000円

銀行カードローンの保証会社審査通過率比較

銀行カードローン
審査通過率
(参考値:データ取得2016年1-3月)
保証会社保証会社が自社提供するカードローンの審査通過率
三菱UFJ銀行アコム株式会社46.28%
じぶん銀行アコム株式会社46.28%
セブン銀行アコム株式会社46.28%
三井住友銀行SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス提供消費者金融)43.93%
新生銀行新生フィナンシャル株式会社(レイク提供消費者金融)30.00%
東京スター銀行新生フィナンシャル株式会社(レイク提供消費者金融)30.00%
楽天銀行楽天カード株式会社または株式会社セディナ不明
住信SBIネット銀行オリックス・クレジット株式会社不明
オリックス銀行オリックス・クレジット株式会社不明
イオン銀行イオンクレジットサービス株式会社不明
みずほ銀行株式会社オリエントコーポレーション不明
りそな銀行りそなカード株式会社不明

出典:消費者金融各社のIR情報に記載されている数値を当サイトが集計・再計算し記載しています。
※審査通過率は「新規貸付人数/新規申込数」で計算しています。