graphline4128_128「カードローンを比較するときは金利で比較し、低金利のカードローンを選ぶ方が良い」

と考えている方は多いと思います。

この比較検討方法が間違っているわけではありません。

しかし、「カードローンをお得に利用する」ということは「利息・総返済額を少なくする」ということに他なりません。「利息・総返済額を少なくする」方法は「低金利のカードローンを選ぶ」だけではないのです。

今回は本当にお得なカードローンを選ぶための方法を紹介します。

利息・総返済額は「金利」と「毎月の返済額」によって決まってくる

お得なカードローン = 利息・総返済額を少なくなるカードローン

だと定義すれば、利息・総返済額を少なくなるカードローンを探す必要があります。

利息・総返済額というのは「金利」と「毎月の返済額」によって決まってくるのです。

  • 金利が同じでも「毎月の返済額」が少なければ → 利息・総返済額が高くなる
  • 毎月の返済額が同じでも「金利」が高ければ → 利息・総返済額が高くなる

という関係にあるのです。

実際に「同じ金利」、同じ毎月の返済額で比較してみます。

金利15%で毎月の返済額が変更した場合の総返済額と利息

毎月の返済額返済回数完済までの期間総返済額利息
2000円79回6年7ヶ月157,948円57,948円
5000円24回2年0ヶ月116,368円16,368円
10000円11回0年11ヶ月107,655円7,655円
20000円6回0年6ヶ月104,420円4,420円

毎月の返済額が10,000円なら11か月で完済しますが、2,000円なら6年7か月もかかってしまいます。返済期間が長くなれば利息も膨らんでしまうため、10万円に対して57,948円もの利息が発生してしまうのです。

「毎月の返済額」次第で大きく「総返済額と利息」が膨らんでしまう

ということを示しています。

毎月の返済額1万円で同じで金利が違う場合の総返済額と利息

金利返済回数完済までの期間総返済額利息
18%11回0年11ヶ月109,223円9,223円
15%11回0年11ヶ月107,655円7,655円
12%11回0年11ヶ月106,099円6,099円
10%11回0年11ヶ月105,069円5,069円

また、毎月の返済額が同じ場合には金利が低金利のカードローンの方が有利になります。返済額が同じだと完済までの期間は変わりませんが、利息は18%の金利で9,000円と10%の金利で5,000円と倍以上の違いが出てきます。

金利は低金利のカードローンの方が利息は少ない

ということを示しています。

「金利は低金利のカードローンの方が利息は少くなる」

と同時に

「毎月の返済額は高ければ高いほど完済までの期間が短くなり、利息は少くなる」

のです。

どちらも当たり前と思う方がいるかと思いますが、後者の方はカードローンを比較検討するときに忘れられがちなのです。

「でも、毎月の返済額ってカードローンに依存するものではなくて、返済する人の返済額の設定次第じゃないの?」

と思う方も多いかと思います。しかし、カードローンには最低返済額というものがあるのです。

カードローンには最低返済額というものがある

カードローンの場合、残高スライドリボルビング方式という返済方法が採用されています。残高スライドリボルビング方式とは、借入残高に対して必ず返済しなければならない返済額が決まってくる返済方法です。

この最低返済額はカードローンによって異なります。

カードローンごとに最低返済額は異なる!

カードローンの最低返済額比較

カードローン名10万円借入時30万円借入時50万円借入時
楽天銀行スーパーローン3,000円5,000円10,000円
新生銀行カードローン レイク3,000円7,000円12,000円
住信SBIネット銀行Mr.カードローン10,000円10,000円10,000円
住信SBIネット銀行Mr.カードローンスタンダードコース10,000円10,000円10,000円
オリックス銀行カードローン7,000円7,000円10,000円
イオン銀行カードローン3,000円5,000円10,000円
みずほ銀行カードローン「コンフォートプラン」10,000円10,000円10,000円
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック2,000円6,000円10,000円
セブン銀行カードローン5,000円10,000円10,000円
モビットカードローン4,000円11,000円13,000円
アコムカードローン3,000円9,000円15,000円
プロミスカードローン4,000円11,000円13,000円
アイフルカードローン4,000円11,000円13,000円
ノーローンカードローン4,000円12,000円15,000円
セゾンマネーカード4,000円12,000円14,000円
セゾンマネーカードゴールド4,000円12,000円14,000円
三井住友カードゴールドローン20,000円20,000円20,000円
じぶん銀行カードローン(じぶんローン)2,000円6,000円10,000円
じぶん銀行カードローン(じぶんローン)auユーザー2,000円6,000円10,000円
じぶん銀行カードローン(じぶんローン)借り換えコース2,000円6,000円10,000円
東京スター銀行カードローン(スターカードローン)5,000円5,000円10,000円
りそな銀行カードローン10,000円10,000円10,000円
三井住友銀行カードローン10,000円10,000円10,000円
アイフルカードローン「ファーストプレミアムカードローン」4,000円11,000円13,000円
千葉銀行カードローン10,000円10,000円10,000円
横浜銀行カードローン2,000円6,000円10,000円

ついつい、最低返済額で返済してしまうもの

カードローン会社が設定した最低返済額というのは、「その返済額以上で毎月返済を続けてください。」というものなので、多い分には問題ありません。

最低返済額が2,000円のカードローンでも
最低返済額が10,000円のカードローンでも

毎月10,000円返済していこうと思えば、どちらでも問題ないのです。

しかし、最低返済額が2,000円のカードローンを選んだ場合

「今月は返済が苦しいから、最低返済額の2,000円でいっか。」

という誘惑にまったくひるまない自信はあるでしょうか?

そうなんです。最低返済額が低いカードローンを選んでしまうと、ついつい、返済が苦しいときに最低返済額の返済でいいかと考えてしまい、そのままずるずると最長返済額での返済を継続してい舞うケースが少なくないのです。

前述した通りで最低返済額が少額のまま返済していると、低金利のカードローンを選んでいたとしても、利息が膨らんでしまうのです。

こうなってしまうとせっかく低金利のカードローンに申込んだところで、「完済までの期間」「利息」が膨らんでしまい、元も子もないのです。

利息を少なくするためにはあえて最低返済額が高いカードローンを選ぶ

ということも、賢い選択肢の一つなのです。

最低返済額が高めに設定されていれば、自分への言い訳をせずにその金額は返済する形で継続できるケースが多いのです。

実際に10万円を借りたときに最低返済額で返済すると「完済までの期間」と「総返済額」「利息」がどうなるか?を見てみましょう。

10万円を借りたときに最低返済額で返済した場合の「完済までの期間」と「総返済額」を比較

カードローン名上限実質年率借入額想定10万円借入時の最低返済額最低返済額返済での返済回数最低返済額返済での完済期間最低返済額返済での総返済額最低返済額返済での支払利息
楽天銀行スーパーローン14.50%100,000円3,000円43回3年7ヶ月128,808円28,808円
新生銀行カードローン レイク18.00%100,000円3,000円47回3年11ヶ月140,076円40,076円
住信SBIネット銀行Mr.カードローン7.99%100,000円10,000円11回0年11ヶ月104,039円4,039円
住信SBIネット銀行Mr.カードローンスタンダードコース14.79%100,000円10,000円11回0年11ヶ月107,546円7,546円
オリックス銀行カードローン17.80%100,000円7,000円17回1年5ヶ月113,874円13,874円
イオン銀行カードローン13.80%100,000円3,000円43回3年7ヶ月127,317円27,317円
みずほ銀行カードローン「コンフォートプラン」14.00%100,000円10,000円11回0年11ヶ月107,135円7,135円
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック14.60%100,000円2,000円78回6年6ヶ月155,408円55,408円
セブン銀行カードローン15.00%100,000円5,000円24回2年0ヶ月116,368円16,368円
モビットカードローン18.00%100,000円4,000円32回2年8ヶ月126,647円26,647円
アコムカードローン18.00%100,000円3,000円47回3年11ヶ月140,076円40,076円
プロミスカードローン17.80%100,000円4,000円32回2年8ヶ月126,330円26,330円
アイフルカードローン18.00%100,000円4,000円32回2年8ヶ月126,647円26,647円
ノーローンカードローン18.00%100,000円4,000円32回2年8ヶ月126,647円26,647円
セゾンマネーカード15.00%100,000円4,000円31回2年7ヶ月121,239円21,239円
セゾンマネーカードゴールド8.47%100,000円4,000円28回2年4ヶ月110,558円10,558円
三井住友カードゴールドローン9.80%100,000円20,000円6回0年6ヶ月102,878円2,878円
じぶん銀行カードローン(じぶんローン)17.50%100,000円2,000円91回7年7ヶ月181,247円81,247円
じぶん銀行カードローン(じぶんローン)auユーザー17.40%100,000円2,000円90回7年6ヶ月179,684円79,684円
じぶん銀行カードローン(じぶんローン)借り換えコース12.50%100,000円2,000円71回5年11ヶ月141,993円41,993円
東京スター銀行カードローン(スターカードローン)14.60%100,000円5,000円24回2年0ヶ月115,912円15,912円
りそな銀行カードローン12.48%100,000円10,000円11回0年11ヶ月106,345円6,345円
三井住友銀行カードローン14.50%100,000円10,000円11回0年11ヶ月107,395円7,395円
アイフルカードローン「ファーストプレミアムカードローン」9.50%100,000円4,000円28回2年4ヶ月111,886円11,886円
千葉銀行カードローン14.80%100,000円10,000円11回0年11ヶ月107,551円7,551円
横浜銀行カードローン14.60%100,000円2,000円78回6年6ヶ月155,408円55,408円

10万円を借りたときに毎月1万円で返済した場合の「完済までの期間」と「総返済額」を比較

カードローン名上限実質年率借入額想定毎月の返済額月1万円返済での返済回数月1万円返済での完済期間月1万円返済での総返済額月1万円返済での支払利息
楽天銀行スーパーローン14.50%100,000円10,000円11回0年11ヶ月107,395円7,395円
新生銀行カードローン レイク18.00%100,000円10,000円11回0年11ヶ月109,223円9,223円
住信SBIネット銀行Mr.カードローン7.99%100,000円10,000円11回0年11ヶ月104,039円4,039円
住信SBIネット銀行Mr.カードローンスタンダードコース14.79%100,000円10,000円11回0年11ヶ月107,546円7,546円
オリックス銀行カードローン17.80%100,000円10,000円11回0年11ヶ月109,118円9,118円
イオン銀行カードローン13.80%100,000円10,000円11回0年11ヶ月107,031円7,031円
みずほ銀行カードローン「コンフォートプラン」14.00%100,000円10,000円11回0年11ヶ月107,135円7,135円
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック14.60%100,000円10,000円11回0年11ヶ月107,447円7,447円
セブン銀行カードローン15.00%100,000円10,000円11回0年11ヶ月107,655円7,655円
モビットカードローン18.00%100,000円10,000円11回0年11ヶ月109,223円9,223円
アコムカードローン18.00%100,000円10,000円11回0年11ヶ月109,223円9,223円
プロミスカードローン17.80%100,000円10,000円11回0年11ヶ月109,118円9,118円
アイフルカードローン18.00%100,000円10,000円11回0年11ヶ月109,223円9,223円
ノーローンカードローン18.00%100,000円10,000円11回0年11ヶ月109,223円9,223円
セゾンマネーカード15.00%100,000円10,000円11回0年11ヶ月107,655円7,655円
セゾンマネーカードゴールド8.47%100,000円10,000円11回0年11ヶ月104,285円4,285円
三井住友カードゴールドローン9.80%100,000円10,000円11回0年11ヶ月104,966円4,966円
じぶん銀行カードローン(じぶんローン)17.50%100,000円10,000円11回0年11ヶ月108,961円8,961円
じぶん銀行カードローン(じぶんローン)auユーザー17.40%100,000円10,000円11回0年11ヶ月108,909円8,909円
じぶん銀行カードローン(じぶんローン)借り換えコース12.50%100,000円10,000円11回0年11ヶ月106,358円6,358円
東京スター銀行カードローン(スターカードローン)14.60%100,000円10,000円11回0年11ヶ月107,447円7,447円
りそな銀行カードローン12.48%100,000円10,000円11回0年11ヶ月106,345円6,345円
三井住友銀行カードローン14.50%100,000円10,000円11回0年11ヶ月107,395円7,395円
アイフルカードローン「ファーストプレミアムカードローン」9.50%100,000円10,000円11回0年11ヶ月104,812円4,812円
千葉銀行カードローン14.80%100,000円10,000円11回0年11ヶ月107,551円7,551円
横浜銀行カードローン14.60%100,000円10,000円11回0年11ヶ月107,447円7,447円

まとめ

「最低返済額が設定されていても、そんなのは無視して自分が決めた返済額での返済を続けられる」という意思の強い方であれば、低金利のカードローンを選ぶで間違えありません。

しかし、「最低返済額があるとついつい自分に甘くなって、最低返済額での返済になってしまいそう」という意思の弱い方は、あえて最低返済額の高いカードローンを選ぶことをおすすめします。

すでに借入中の方は、毎月の返済額を高く設定することで利息負担を軽減する必要があることを理解しておきましょう。