senior2128_128年金のみの年金受給者が借り入れできるカードローンで比較しました。あなたの条件にあったおすすめのカードローンを見つけましょう。

年金のみの年金受給者が利用できるカードローンは少ない

年金受給者には2つの種類があります。

  1. 別の収入があって、それに年金収入がある方
  2. 年金収入のみの方

です。

「別の収入があって、それに年金収入がある方」の場合は、カードローンの年齢条件にさえ合致していれば、通常通り申込むことが可能です。年齢条件さえクリアしていればほぼすべてのカードローンに申込むことが可能です。

だからと言って、カードローン審査が通るわけではありません。カードローン審査はそもそも高齢者に厳しいので注意が必要です。

「年金収入のみの方」の場合は、利用できるカードローンが少なくなってしまいます。

「年金収入のみの方」の借入をOKにしている金融機関は銀行が多く、銀行カードローンが中心になります。一見、銀行だけがOKしているところを見ると総量規制が影響している可能性を考えてしまいますが、総量規制の収入として「年金」はカウントされるので、総量規制は関係ありません。

アコムの場合 → 「年金収入のみの方」NG

acom_nenkinshinsa

三菱UFJ銀行の場合 → 「年金収入のみの方」OK

mufg_nenkinshinsa

ただし、低金利の銀行カードローンとなるとさらに審査は厳しくなり、かつ審査が通ったとしても10万円~30万円程度の少額の限度額設定になってしまう可能性が高いようです。

なぜ、銀行カードローンだけが「年金収入のみの方」をOKにしているのか?というとある程度の年齢にきていると、相続や資産運用などの優良顧客になる可能性があるからです。

さらに言えば、メインバンクとして長年使っている銀行であれば、過去の貯金状況や資産の移動情報がかわるので、それを元に審査もできるのです。

「年金収入のみの方」がカードローン比較で重視すべきポイント

  1. 「年金収入のみの方」の利用がOKであること
  2. 年齢条件に合致していること
  3. できればメインバンクとして口座を持っている銀行のカードローンであること

を重視してカードローンを比較すると良いでしょう。

「退職前の給与振込みをしていた銀行」「年金の振込みをしている銀行」のカードローンだと、銀行側にとっても貸し倒れリスクが低くなるので、審査を通してくれる確率が高まります。お金の入出金を管理できるというのは、高齢者への融資のリスクを下げるために重要なポイントなのです。

また、「年金収入のみの方」の利用がOKでも年齢条件からはみ出しているとカードローン審査は絶対に通りません。合わせて比較検討しましょう。

年金のみの年金受給者が借り入れできるカードローン比較

カードローン名ランキング下限実質年率上限実質年率契約時年齢年金受給者※年金のみ
三井住友銀行カードローン3位4.00%14.50%満20歳~69歳
みずほ銀行カードローン4位2.00%14.00%満20歳~65歳
じぶん銀行カードローン(じぶんローン)借り換えコース6位1.70%12.50%満20歳~69歳
じぶん銀行カードローン(じぶんローン)auユーザー6位2.10%17.40%満20歳~69歳
じぶん銀行カードローン(じぶんローン)6位2.20%17.50%満20歳~69歳
りそな銀行カードローン7位3.50%12.475%満20歳~満60歳未満
東京スター銀行カードローン(スターカードローン)8位4.50%14.60%満20歳~65歳
新生銀行カードローン レイク13位4.50%18.00%満20歳~70歳