money2128_128

カードローンを「大口融資」を基準に選ぶ際に参考になる大口融資カードローンランキングです。数百万円、数千万円の大口の資金が必要な方が利用できる可能性があるカードローンを探しましょう。

カードローン大口融資ランキングの選定基準

カードローンの「限度額が大きいかどうか?」でランキング判断

カードローンの場合は、最大限度額がカードローンごとに決まっています。どんなに信用力が他愛方でも、最大限度額を超える金額は借りられないのです。

そのため、「審査が通りやすいかどうか?」を考慮しなければ

最大限度額が高いカードローン = 大口融資が可能なカードローン

ということになります。

最大限度額が高いカードローンは、銀行カードローンであるケースが多く、最高1000万円までの借入が可能になっています。

消費者金融の場合は、最高800万円~500万円となっています。

審査の難易度が低いのは

消費者金融カードローン > 銀行カードローン

です。

「総量規制」のない銀行カードローンが選択肢

大口融資で注意しておく必要があるのは「総量規制」という貸金業法の制度です。

総量規制では、借りられる金額は年収の3分の1までと決まっているのです。1社で3分の1ではなく、借りている金額全体で3分の1です。

つまり、1000万円の借入を想定するのであれば、年収は最低でも3000万円なければならないということになります。

大口融資の場合には、総量規制の対象外である銀行カードローンを選ぶべきなのです。大口融資ランキングでも銀行カードローンであることをランキングに加味しています。

カードローンでいきなり1000万円という借入ができるわけではない!

注意しなければならないのは、どんなに信用力の高い人で、高収入の方であっても、いきなり500万円以上の借入ができるケースというのは非常に少ないと考えた方が良いでしょう。

というのも、カードローンに限らずローンサービスというのは、使い続ける(返済し続ける)ことが最大の信用になるため、「初回で大きく貸す」のではなく、「初回である程度の金額までに抑えて貸して、その後返済を確実にできる実績が増えてきたら増額に応じる。」というスタンスがほとんどなのです。

多くても、200万円~300万円という限度額設定が初回でできれば十分ということになるのです。その後、半年、1年返済を続けたうえで「増額依頼をする」ことによって、徐々に限度額が引き上げられていくことになります。

本当に500万円以上のお金が必要な方はカードローン以外のローンも検討すべき

前述したように信用力がいくら高くても、カードローンの最大限度額を初回で借りるのはほとんど不可能に近いものなのです。

本当に500万円、1000万円という高額な資金が必要の場合には

  • 個人事業主・法人 → ビジネスローン
  • 不動産を持っていれば → 不動産担保ローン
  • 売掛債権を持っていれば → 売掛債権担保ローン、ファクタリング

など、別の資金調達方法を検討するべきなのです。

借金の返済などで500万円、1000万円という高額な資金が必要であれば、債務整理や自己破産を選んだ方が良いかもしれません。

カードローンの選択は大口の借入のひとつの選択肢に過ぎないことを理解しておく必要があります。

カードローン大口融資ランキング

i_rank1_1

みずほ銀行カードローンの概要

mizuho_cardみずほ銀行は言わずと知れば3大メガバンクのひとつでみずほフィナンシャルグループ傘下の都市銀行です。従業員数が3万5千人を超え、総資産は7兆を超える信頼性の高いメガバンクと言えるでしょう。

みずほ銀行も、他の銀行と同じくカードローンを提供しています。

みずほ銀行カードローンの大きな特徴は「上限金利が業界トップクラスの低金利であること」「お手持ちのキャッシュカードをそのままカードローンとして利用できること」「最大800万円までの限度額が設定できること」などです。

カードローンを利用するのにも、消費者金融よりは信頼性の高いメガバンクが良いと考える方が多く、その上、金利や利便性も高いことから、人気の高いカードローンと言えます。

みずほ銀行カードローンの基本情報

カードローン名みずほ銀行カードローン
ランキング4位
金融機関名みずほ銀行
カードローン種類大手都市銀行
下限実質年率年2.0%
上限実質年率年14.0%
最大限度額800万円
最低返済額100万円借入時1万円
最短即日借入-
365日24時間借入-
金利優遇-
カードレス-
無利息期間-
ポイント付与-
専業主婦借入-
バイト・パート借入-

※プランはお客さまご自身でお選びいただくことはできません。
※審査の結果、希望に添えないプラン決定となる可能性もございますがご了承ください。

大口融資ランキングで上位の理由

最大限度額が1000万円で銀行カードローンですので総量規制も必要ありません。大口融資の可能性が少しでも高いのは大手都市銀行と推察されます。

i_rank1_2

横浜銀行カードローンの概要

hamagin_card横浜銀行は神奈川県横浜市西区に本店を置く、日本最大級の地方銀行で総資産額もトップクラスの水準を維持しています。横浜市内や川崎市内にも支店が多く、隣接する東京都にも支店を持つ銀行です。

横浜銀行カードローンの大きな特徴は、「変動金利であり、かつ低金利」であることです。

2016年3月時点の金利は1.9%~14.6%と大手都市銀行のカードローンと比較しても、それ以上の低金利のカードローンとなっています。変動金利を採用しているため、景気によって金利が変動してしまうというデメリットはあるものの、その分銀行側のリスクは軽減され、不景気の状態であれば低金利の金利設定が可能になるのです。

また、審査は最短即日回答で契約が完了すれば、銀行振込みによって当日振込みも可能になっています。収入証明は300万円未満の借入の場合は不要なので、ほとんどの方は提出の必要がないのです。

デメリットとしては地方銀行なので、「東京都」「神奈川県」「群馬県(前橋市、高崎市、桐生市)」にお住まいの方、お勤めの方しか申込みができないことです。逆に言えば、申込者が限られるので東京、神奈川の方にとっては狙い目のカードローンと言えます。

横浜銀行カードローンの基本情報

ランキング24位
金融機関名横浜銀行
カードローン種類地方銀行
下限実質年率1.9%
上限実質年率14.6%
最大限度額1000万円
最低返済額10万円借入時2,000円
最短即日借入
365日24時間借入
金利優遇-
カードレス-
無利息期間-
ポイント付与-
専業主婦借入
バイト・パート借入

大口融資ランキングで上位の理由

横浜銀行は首都圏にサービス展開をする巨大な地方銀行ですが、最大限度額が1000万円と高額設定がされています。銀行カードローンですので総量規制も必要ありません。

i_rank1_3

三井住友銀行カードローンの概要

smbc_card三井住友銀行は、三井住友フィナンシャルグループのメガバンクで、みずほ銀行、三菱UFJ銀行と並び三大メガバンクの一角を占める銀行のことです。東

三井住友銀行のカードローン「三井住友銀行カードローン」の大きな特徴は「最短30分審査で最短即日発行が可能な銀行カードローンであること」「メガバンクでの信頼性」「上限金利が低金利であること」が上げられます。

とくに大手の銀行カードローンでありながら、最短30分審査というスピード審査であり、店舗のローン契約機に免許証を持っていけばその場でローンカードが発行できるため、銀行の営業時間15時以降でも審査が通れば最短即日発行が可能という利便性があるのです。

利便性が高い一方で、800万円の限度額、低金利の上限金利、ネットバンキング、ATM時間外手数料無料などのサービスも兼ね備えているため、総合力の高い銀行カードローンと言えます。当然、上限金利も低金利なのでおまとめ利用、借り換え利用も視野に入るのです。

三井住友銀行カードローンの基本情報

ランキング3位
金融機関名終了
カードローン種類大手都市銀行
下限実質年率4.0%
上限実質年率14.5%
最大限度額800万円
最低返済額50万円借入時10,000円
最短即日借入
365日24時間借入
金利優遇-
カードレス
無利息期間-
ポイント付与-
専業主婦借入-
バイト・パート借入

大口融資ランキングで上位の理由

最大限度額が800万円で銀行カードローンですので総量規制も必要ありません。大口融資の可能性が少しでも高いのは大手都市銀行と推察されます。

i_rank1_4

りそな銀行カードローンの概要

risona_cardりそな銀行は。大手かに本店を置くりそなホールディングス傘下の都市銀行です。メガバンクに次いで巨大な都市銀行と言っていいでしょう。全国300店舗を展開し、個人向けの銀行サービスに力を入れているため、メガバンクよりも好条件のサービスが多い銀行として定評があります。

りそな銀行のカードローン「りそなプレミアムカードローン」の大きな特徴は、なんといっても「変動金利」であることです。

一般的にカードローンの金利と言うのは、固定金利が採用されていて、「借りたときの金利が完済までずっと変わらない」というのが基本なのです。しかし、変動金利というのは景気動向に合わせて金利が上下するということを意味します。好景気になれば金利は上がって、不景気になれば金利は下がることになります。

カードローンの借入中でも、金利が上がれば返済額が増えてしまうという利用者にはデメリットがあるのです。しかし、その分、銀行側の景気変動によるリスクが期限できているために、はじめの金利設定は他のカードローンと比較しても上限金利が低金利という形になっているのです。

メリットデメリットがありますが「変動金利」であることが「りそなプレミアムカードローン」の最大の魅力と言えます。

その他にも、「最短即日審査回答」や「りそな銀行のキャッシュカードがそのままローンカードとして使える」などのメリットもあり、りそな銀行を利用する方にとってはおすすめのカードローンと言えます。ご利用にあたってはご契約内容をご確認のうえ、無理のない返済計画を

りそな銀行カードローンの基本情報

ランキング7位
金融機関名りそな銀行
カードローン種類都市銀行
下限実質年率3.5%
上限実質年率12.475%
最大限度額800万円
最低返済額50万円借入時10,000円
最短即日借入-
365日24時間借入
金利優遇-
カードレス
無利息期間-
ポイント付与-
専業主婦借入-
バイト・パート借入

大口融資ランキングで上位の理由

最大限度額が800万円で銀行カードローンですので総量規制も必要ありません。りそな銀行は3大メガバンクではありませんが、日本4位の都市銀行です。

i_rank1_5

イオン銀行カードローンの概要

aeon_cardイオン銀行は小売り大手のイオングループの銀行でネット銀行ではありませんが新たな形態の銀行という位置づけの銀行です。

イオングループという巨大グループの傘下にある銀行のため、他の銀行と比較しても、ローンの金利は低金利に、預金の金利は高金利に設定して、サービスレベルを高く設定し利用者を増やすことでグループ全体の顧客を増やすという使命を持っている銀行と言っていいでしょう。

イオン銀行のカードローン「イオン銀行カードローン」は「業界トップクラスの上限金利の低さ」が最大の魅力と言えます。さらに「3万円借入時の最低返済額は1000円という負担の低さ」を実現するカードローンとして定評があります。

上限金利が低金利であることから人気の高いカードローンになっています。

イオン銀行カードローンの基本情報

ランキング12位
金融機関名イオン銀行
カードローン種類流通系銀行
下限実質年率3.8%
上限実質年率13.8%
最大限度額800万円
最低返済額3万円借入時1,000円
最短即日借入-
365日24時間借入
金利優遇-
カードレス-
無利息期間-
ポイント付与-
専業主婦借入-
バイト・パート借入

大口融資ランキングで上位の理由

最大限度額が800万円で銀行カードローンですので総量規制も必要ありません。