desltop128_128

カードローン審査では、「属性」と「個人信用情報」が大きなウェイトを占めています。しかし、カードローン審査はこの2つだけというわけではありません。それ以外にもチェックされているポイントについて解説します。

家族の返済事故などの有無

カードローンは原則「申込者の信用」だけをチェックすることになっています。そのため、個人信用情報も申込者本人の情報しか見れないのが原則なのです。

しかし、カードローン会社にとってみれば、親が債務整理や自己破産などをしていた場合、その子供は真っ白だとしても、親の代わりにカードローンを申込んでいる可能性があるのです。

この場合、貸し倒れのリスクも高まるため審査を通したくないというのが本音なのです。

そこで、申込者と同じ住所で個人信用情報を検索して、家族の個人信用情報をチェックするケースがあるのです。

この場合、申込者本人が真っ白でも、カードローン審査に落ちてしまうケースがあるのです。

申込みフォーム・申込書類などの誤字脱字・入力不備

そんなところ本当に見るの?

と言ってしまいたくなりますが、あなたは友人にお金を貸す時にいつも時間にルーズでメールに誤字脱字ばかりの友人にお金を貸そうと思いますか?

一昔前は対面審査と言って、店舗に出向いて借りることが多かったのですが、そのときは身なりや服装、香水、姿勢、受け答えなど様々な部分を審査されていたのです。

申込みから発行まで来店不要でウェブ化されている現代では、身なりのチェックとかはありませんが、その代わりに申し込みフォームや必要書類の書き方などで審査することがあるのです。

申込みフォームの入力内容と個人信用情報との整合性

友達にお金を貸すことを想像してみてください。

ウソばかりついている友人にお金を貸そうと思うでしょうか。

これと同じように申込みフォームに自己申告で記入した内容と個人信用情報で照会した情報が食い違っていた場合、カードローン審査に通る確率は下がってしまいます。

例えば、「他社借入金額」というのを入力する欄をカードローンの申込みフォームではほぼ必ず用意しています。

しかし、この「他社借入金額」は聞かなくても、カードローン会社は個人信用情報を照会すればわかることなんです。

それをわざわざ聞いているということは

ウソをつく人間かどうかをチェックしているのです。

とくに他社借入金額は「ちょっと少な目に描いておいた方が印象が良いのでは?」なんて考えてしまう方も多いのですが、カードローン審査においては正確な数字を書くべきなのです。

まとめ

カードローン審査を通すためには、属性や個人信用情報も当然重要なことなのですが

  • 正確な情報をきちんと渡すこと
  • ウソをつかないこと

という人として基本的なことも、実は重要な要素になってくるのです。

ほとんどの審査が自動的に行われる時代になっても、カードローン会社は「信頼できる真面目に人に貸したい」という基本的なスタンスは変わらないことを覚えておく必要があります。