desltop128_128カードローンの審査では主に2つの視点から審査が行われます。

  1. 「属性」
  2. 「個人信用情報」

です。

どちらも重要度の高い審査項目ですが、今回は「個人信用情報」審査について解説します。

「個人信用情報」とは

「個人信用情報」とはそもそもどんなものなのでしょうか?

一昔前前は、消費者金融がお金を貸す時にその人が他でいくら借りているのか?の情報を消費者金融が把握することが難しかったのです。

しかし、「誰が、いつ、どこで、いくら借りていて、返済はどうなっているのか?」がわからないと「カードローン審査をする上でどの人が貸し倒れのリスクが高いのかわからない」という考え方が定着するようになりました。

そこで、金融業界全体で「お金の貸し借り・返済の情報は共有しよう」となったのです。

一昔前は、街金などでは個人確認書類にマークを付けることで情報の共有を図っていたのですが、すべてがデータ化されている現代では、金融機関がインターネットで専用の情報にアクセスすれば、「誰が、いつ、どこで、いくら借りていて、返済はどうなっているのか?」が瞬時にわかるようになっているのです。

この情報のことを「個人信用情報」と呼びます。
「個人信用情報」を管理しているのが信用情報機関というところです。

カードローンを提供している金融機関だけでなく、クレジットカードや住宅ローンなどの個人向けの金融サービスを提供している金融機関であれば、ほぼすべての金融機関が信用情報機関に加盟していて、審査時に「個人信用情報」を照会して申込者の借入情報を入手し、審査を行うのです。

審査をすると同時に、信用情報機関に加盟している金融機関は情報を共有する義務があるため、申込者や契約書の情報を入力することも同時に行っているのです。

信用情報機関は業種ごとに3つある

信用情報機関は、業種ごとに3つに分かれています。

1.CIC((株)シー・アイ・シー)

主にクレジットカード会社、信販会社、リース会社、消費者金融、携帯電話会社などが加盟している個人信用情報機関。

2.全国銀行協会(KSC)

銀行、信用金庫、信用組合、農協、労金などが加盟している個人信用情報機関

3.JICC((株)日本信用情報機関)

貸金業、クレジット会社、リース会社、保証会社、金融機関の与信などの個人信用情報機関

です。

これだけを見ると「銀行カードローン」で全国銀行協会に登録されてしまったら、CIC((株)シー・アイ・シー) の「消費者金融カードローン」にすれば良いの?

と思ってしまいますが、この3社の管理している個人信用情報はCRIN(クリン)「CRedit Information Network」というネットワークで共有されています。

管理している信用情報機関は3つあるけれども、結局はすべて共有されているということなのです。

「個人信用情報」に登録される情報

まずイメージするために実際のCICの個人信用情報を見てみましょう。これをカードローンの審査担当が見ているのです。より審査を具体的にイメージできるかと思います。

cickojinmikata

個人信用情報の見本と内容:PDF

1.申込情報(保有期間 照会日より6ヶ月間)

クレジットやローンの新規申込みにおける支払能力を調査するため、加盟会員が照会した事実を表す情報

ご本人を識別するための情報

氏名、生年月日、郵便番号、電話番号等

お申込み内容に関する情報

照会日、商品名、契約予定額、支払予定回数、照会会社名等

2.クレジット情報(保有期間 契約期間中および取引終了後5年間)

加盟会員と締結した契約の内容や支払状況を表す情報

ご本人を識別するための情報

氏名、生年月日、性別、郵便番号、住所、電話番号、勤務先名、勤務先電話番号、公的資料番号等

ご契約内容に関する情報

契約日、契約の種類、商品名、支払回数、契約額(極度額)、契約終了予定日、登録会社名等

お支払状況に関する情報

報告日、残債額、請求額、入金額、入金履歴、異動(延滞・保証履行・破産)の有無、異動発生日、延滞解消日、終了状況等

割賦販売法対象商品のお支払状況に関する情報

割賦残債額、年間請求予定額、遅延有無等

貸金業法対象商品のお支払状況に関する情報

確定日、貸付日、出金額、残高、遅延の有無等

3.利用記録(保有期間 利用日より6ヶ月間)

クレジットやローンの利用途上における支払能力を調査するなどのため、加盟会員が照会した事実を表す記録

ご本人を識別するための情報

氏名、生年月日、郵便番号、電話番号等

利用した事実に関する情報

利用日、利用目的、利用会社名等

カードローン審査で個人信用情報の何をチェックされるの?

「個人信用情報で金融機関に共有される情報はわかったけど、カードローン審査では何をチェックされるの?」

カードローン審査の中で個人信用情報でチェックされる項目はカードローン会社によって異なりますが、おおむね下記のようになっています。

1.直近の他社カードローンへの申込み状況

例えば、「ここ1ヶ月で4社のカードローンに申込んで、全部審査が落ちていて契約には至っていない。」という場合は、とてもお金に困っていて、かつ他のカードローン会社が審査した結果融資をしていないと判断されます。

つまり、審査は通らないのです。

申込み情報は6か月しか保有されないので、この6か月間に4社を超えて申込んでいる場合には「申込みブラック」と判断されてしまい、審査に通らないケースが多いのです。

2.他社借入情報

他社借入が何社でいくらあるのか?をチェックされます。

カードローンでは申込みフォームで他社借入情報の記入欄がありますが、その自己申告が嘘でないかも含めてチェックされます。

銀行以外のカードローンの場合は、年収に対しての借入額の割合をチェックし、総量規制に引っ掛かっていないかもチェックされます。

総量規制だけではなく、カードローン会社ごとに決めている年収に対して融資できる割合の限度額を超えていないのか?などをチェックされます。

当然、他社借入は少なければ少ない方が審査が通りやすいのです。

3.過去2年間の返済履歴

個人信用情報の見本を見てもらえればわかると思いますが、過去24か月分の返済履歴が下記のようなマークで表示されています。

  • $ 請求どおり(もしくは、それ以上)の入金があった
  • P 請求額の一部が入金された
  • R お客様以外から入金があった
  • A お客様の事情でお約束の日に入金がなかった(未入金)
  • B お客様の事情とは無関係の理由で入金がなかった
  • C 入金されていないが、その原因がわからない
  • – 請求もなく入金もなかった(例:クレジットの利用がない場合)
  • 空欄 クレジット会社等から情報の更新がなかった(例:クレジットの利用がない場合)

ここで問題になるのは、返済遅延の内容と回数になります。

数日の返済遅延でも回数が多ければ問題になりますし、返済遅延の回数が少なくても、連絡もなく、原因もわからない状態であれば悪質と判断されてしまうのです。

4.返済事故の有無

返済事故がある場合には、ほとんどのカードローン会社で審査に通らないことになってしまいます。

返済事故と言うのは

  • 返済日より61日以上または3ヶ月以上の支払遅延(延滞)があるものまたはあったもの
  • 返済ができなくなり保証契約における保証履行が行われたもの
  • 裁判所が破産を宣告したもの(破産手続開始の決定がされたもの)

のことを差し、これに該当すると個人信用情報の返済状況に「異動」という印がかかれてしまうのです。

「個人信用情報」には情報の保有期間がある

「個人信用情報」は永久に借り入れなどの情報が残るわけではありません。

  • 申込情報 → 照会日より6ヶ月間
  • 契約内容・支払い状況情報 → 契約期間中および取引終了後5年間(KSC10年間)

と保有期間が決まっているのです。

そのため、債務整理をしてカードローンの審査が通らないという方の場合でも、5年を経過すると再度カードローンの審査が通るようになるのです。

ただし、カードローンを申込んだカードローン会社自身が保有している顧客の情報に関しては、保有期限が決まっていないため、債務整理の対象になったカードローン会社は5年経過後に申込んでも、審査には通らないことになってしまうのです。

まとめ

「個人信用情報」は記録として残ってしまうものです。

カードローンを利用する場合にも、数日の返済遅延を繰り返したり、連絡せずに滞納をするだけでも、個人信用情報を悪化させていると認識することが必要です。

「個人信用情報」の内容を理解したうえで、カードローンを使っていればカードローン審査も通りやすくなると言えます。

カードローン審査データ比較こちら