up128_128

カードローンには、「申込みブラック」というものがあります。これは通常のブラックリストとは違うのですが、やはりカードローン審査で落ちてしまう原因になってしまいます。

カードローンの申込みブラックとは?

通常のカードローンブラックというのは

  • 61日以上の返済遅延
  • 債務整理や自己破産などの返済事故

などを起こしてしまった方が、カードローン審査のときにはじかれてしまうものです。

カードローンの申込みブラックというのは

  • 短期間に複数のカードローンに申込んでいる

人がカードローンの審査ではじかれてしまうことを言います。

短期間に複数のカードローンを一気に申込んでいる人というのは、急にお金が必要になった人であるケースが多く

「お金に急激に困ると言うことは、貸し倒れになってしまう可能性が高い。貸すのは辞めよう」

とカードローン会社は考えるのです。

短期間に複数のカードローンに申込ってなんでわかるの?

個人信用情報には、カードローンの利用状況だけでなく、カードローンに申込んだ情報も掲載されているのです。

正確に言えば、申込み情報ではなく、「クレジットやローンの新規申込みにおける支払能力を調査するため、加盟会員が照会した事実を表す情報」なので、カードローン会社が申込みを受けて、審査担当者が個人信用情報に照会をした情報が残るのです。

申込みがあれば、ほぼすべてのケースで個人信用情報が照会されるので、基本的には申込の情報が、カードローン会社やクレジットカード会社などの金融機関で共有されていると考えて良いのです。

何社に申込んだら「申込みブラック」になってしまうの?

上記の申込み情報は、個人信用情報期間に情報が保有されるのは6か月間です。

6か月の間に3社を超える(4社以上の)カードローンやその他の無担保ローンに申込む

と、カードローン審査で「申込みブラック」と判定され、審査落ちしてしまう可能性が高まるのですv。

つまり、カードローンで申込んで良いのは

半年間に3社まで

と覚えておきましょう。

それ以上の申込みをしてしまうと、どんなに属性が良くても、カードローン審査に落ちてしまう可能性が高くなってしまうのです。

半年間の期間を置いて、申込めば申込み自体の履歴は個人信用情報から消えているので、申込んでも大丈夫なのです。

ただし、カードローン会社自身が作っている申込み情報などの顧客データベースがあるため、半年経過したからといって前回と同じカードローン会社に申込むのは辞めましょう。

まとめ

カードローンの申込みブラックとは

短期間に過度に申込んでいる人をカードローン審査ではじくためのもの

です。

カードローンで申込んで良いのは

半年間に3社まで

と覚えておきましょう