senior128_128無職でも審査が通るカードローンなんてあるのでしょうか?ここでは無職の方のカードローン審査について解説します。

無職でも利用できるカードローンなんてあるの?

基本的にはありません。

カードローンというのは借金なので、収入のない方は、返済するあてがないことになってしまうため、カードローン審査では「安定した収入がある方」という申し込み条件が設定されているのです。

ただし、「無職」という言い回しの認識によっては、無職でもカードローン審査に通るケースがあります。

無職の専業主婦はカードローンの利用が可能!

専業主婦も、主婦業はしているとはいえ、無職には変わりありません。本人に収入がない状態です。

専業主婦の場合は、旦那さんの収入というもので返済が可能になります。そのため、専業主婦の借入をOKにしているカードローンがいくつかあるのです。

専業主婦の借り入れをOKにしているカードローンは銀行カードローンの中で、主婦をターゲットにしているネット銀行、流通系銀行、メガバンクが多く、数えるほどしかありません。消費者金融の場合は、総量規制という法律があり本人収入の3分の1までしか貸せないため、本人の収入がない専業主婦には貸せないのです。

専業主婦が利用できるカードローン

カードローン名ランキング下限実質年率上限実質年率最大限度額専業主婦借入
東京スター銀行カードローン(スターカードローン)8位4.50%14.60%500万円○限度額不明
楽天銀行スーパーローン10位1.90%14.50%800万円○50万円まで
セブン銀行カードローン16位15.00%15.00%50万円
千葉銀行カードローン23位1.70%14.80%800万円
横浜銀行カードローン24位1.90%14.60%1000万円

専業主婦(専業主夫)の場合には、限度額が30万円~50万円が上限に設定されており、その範囲内で本人の個人信用情報に問題がなければ、カードローン審査に通る可能性が高くなるのです。基本的には配偶者の方の収入証明などは必要ないケースが多く、そもそも専業主婦をOKにしているということはそれだけ主婦ターゲットにしているカードローンが多いので、比較的審査は通りやすいのです。

定年した無職の方でもカードローンの利用が可能!

いくつかのカードローンでは、年金受給のみの無職の方でもカードローンが利用できる可能性があります。基本的にカードローンは年齢条件は70歳までとなっているケースが多いのですが、年金受給者の場合は、「年金以外の収入がある人」にしか貸せないというカードローンがほとんどなのです。

ただし、一部のカードローンでは、年金収入だけでもカードローン審査に通る可能性があるのです。借入可能額は年金の収入額次第で決まってきますが、それほど大きな金額は借りられません。

年金受給者が利用できるカードローン

カードローン名ランキング下限実質年率上限実質年率最大限度額年金受給者※年金のみ
三井住友銀行カードローン3位4.00%14.50%800万円
みずほ銀行カードローン4位2.00%14.00%800万円
じぶん銀行カードローン(じぶんローン)借り換えコース6位1.70%12.50%800万円
じぶん銀行カードローン(じぶんローン)auユーザー6位2.10%17.40%800万円
じぶん銀行カードローン(じぶんローン)6位2.20%17.50%800万円
りそな銀行カードローン7位3.50%12.475%800万円
東京スター銀行カードローン(スターカードローン)8位4.50%14.60%500万円
新生銀行カードローン レイク13位4.50%18.00%500万円

まとめ

無職の方は基本的にはカードローンの利用はできません。

ただし、無職であっても

  • 専業主婦(専業主夫)であって配偶者には収入がある方
  • 年金収入がある年金受給者の方

はカードローンを借りられる可能性があるのです。