student128_128

カードローン審査の属性審査におけるスコアリングの点数は、年齢によってどう評価されるのでしょうか?ここでは、カードローン審査の通りやすさと年齢の関係について解説します。

カードローン審査とスコアリング評価の年齢比較

属性属性の重要度分類評価
年齢20代
30代
40代
50代
60代×

カードローン審査は年齢が若い方が通りやすい

年齢が若い方が収入を得る手段が豊富

カードローン審査でカードローン会社が重要視する点は

「安定した収入があるか?どうか?」

になります。

一見すると、年齢が高い方の方が収入は安定しているように思えますが

  • 病気になって働けなくなるリスク
  • 会社が倒産したときに再就職ができないリスク
  • 死亡リスク

などがあり、かつ家庭を持つことなどによって住宅ローンや生活費などの支出も大きくなっていることから、スコアリング評価は年齢を重ねるほどに低くなってしまうのです。

若い方は高齢の方と比較すると、収入は低いのですが

  • 正社員であればこれからの雇用はある程度補償されていること
  • 会社を辞めても転職先には困らないこと
  • 病気になるリスクが少ないこと
  • 支出は自分にかかる費用だけのケースが多いこと

などから、カードローンでお金を貸しても、返済できる余地が大きいと考えるのです。

結果として、カードローンの審査は年齢が若い20代、30代の方が評価が高くなるのです。

20代前半の「若年」は若干評価が低くなる

20歳~25歳までをカードローン業界では「若年」という言い方をします。

年齢は若い方が審査は通りやすいのですが、一方20歳~25歳と若すぎるとスコアリング評価は25歳~35歳の方と比較して低くなってしまうのです。

若年の方が審査の評価が低い理由は、働いて間もない新社会人の方が多いということです。

社会的信用も低く、勤続年数も1年、2年ということになってしまうため、新社会人に耐えられなくてニートやフリーターに戻ってしまうという方も少なくないからです。

また、収入も当然低いはずですのでその分貸せるお金も少なくなってしまうのです。

まとめ

  • カードローン審査では年齢は高ければ高いほど審査の評価は低くなる
  • 年齢は25歳以下だと若くても審査の評価は低くなる
  • 年齢で一番カードローン審査が通りやすいのは25歳~35歳

となります。カードローン審査に落ちたから年齢を変えるということは不可能ですので、勤続年数や他の属性で点数を稼ぐことを心がけましょう。