「楽天銀行のカードローンは楽天会員ランクが高いと審査が甘くなるって本当?」

・・・これだけ見るとウソのようなホントの話ですが、実際に楽天銀行の公式サイトでウェブサイトに

「楽天グループの銀行だから、楽天会員ランクに応じて審査優遇」

rakuten_rank

と表示されています。今回は、なぜ?楽天会員ランクがあると審査が優遇されるのか?について解説します。

楽天銀行カードローンの審査優遇サービスの概要

楽天会員ランクに応じてカードローン審査が優遇される

※必ずしもすべての楽天会員様が審査の優遇を受けられるとは限りません。
※審査の結果によって融資できない場合もございますので、あらかじめご了承くださいますようお願い申しあげます。

わかっていることはこれだけです。

  • どのくらい優遇されるのかは不明
  • 楽天会員ランクがどのランクだと適用されるのかは不明
  • 当然、審査が優遇されても審査が通らないこともあるという但し書きがある

楽天会員ランクとは

楽天グループのポイント獲得数と獲得回数に応じて楽天会員ランクが決定されます。楽天会員ランクごとに会員優遇が受けられるものです。

会員ランクのランクアップ(継続)条件

会員ランク会員ランクのランクアップ(継続)条件
レギュラー会員ポイント対象の楽天サービスご利用で、ポイントを獲得
シルバー会員過去6ヶ月で200ポイント以上、かつ2回以上ポイントを獲得
ゴールド会員過去6ヶ月で700ポイント以上、かつ7回以上ポイントを獲得
プラチナ会員過去6ヶ月で2,000ポイント以上、かつ15回以上ポイントを獲得
ダイヤモンド会員過去6ヶ月で4,000ポイント以上、かつ30回以上ポイントを獲得、かつ楽天カードを保有

楽天会員ランクごとの会員特典

rakuten_rank_2

上記の優遇特典には、「カードローンの審査優遇」は記載されていませんが、基本的に楽天会員ランクに応じてカードローン審査が優遇されるということは、上記の楽天会員ランクを持てば、楽天銀行カードローンの審査に通る可能性が高くなることを意味します。

楽天銀行カードローンの審査優遇サービスの仕組

そもそも、なぜ楽天会員ランクがあるとカードローン審査が優遇ができるのでしょうか?

カードローンの審査というのは「貸し倒れ」、つまり貸したのに返ってこない状態を防ぐために行われるものです。カードローン会社にとって「貸し倒れ」は、貸したお金が返ってこないことになり、そのまま損失となります。

10人に10万円貸して、利息が年率10%なら、1年間に10万円の利息収入が期待できるのですが、このうちの1人が返済不能(債務整理や自己破産、連絡できない、夜逃げ)になってしまえば、年間の収入は9万円に減り、かつ10万円の損をしているため、差し引き1万円の赤字になってしまうのです。

それだけ、「貸し倒れ」は経営に大きな影響を与えてしまう要因なのです。これを排除するためにカードローン審査を行うのです。

それでも、業界平均では1.0%ぐらいの貸し倒れは発生してしまいます。審査の甘い辛いの基準を動かしながら、貸し倒れ率を下げることがカードローン会社の経営のキモなのです。

カードローンの審査の甘い辛いの基準というのは、そのカードローン会社の利益に応じて決まってきます。カードローン会社の利益が高い状態だと許容できる貸し倒れ率も高くなるのです。

  • カードローンの金利を高く設定する → 利益が大きい → 多少貸し倒れが発生しても構わない
  • カードローンの金利を低く設定する → 利益が少ない → 貸し倒れは厳格に見ないといけない

という関係があるのです。金利が低い方が申込む方は増えるのですが、審査を厳しくしないと利益が出ないことになります。逆に金利が高いと申込む方は減りますが、一人当たりの利益が大きいので審査はある程度甘くして貸し倒れ率が高くなっても、利益はでるのです。

通常は、金利を高くするか?低くするか?がカードローン会社の利益を左右するポイントなのですが、楽天銀行の場合、楽天グループのサービス利用も利益に影響するのです。

楽天での買い物が多い人

楽天グループの利益に貢献している人

多少貸し倒れが発生しても構わない

審査を優遇できる

ことにつながるのです。

だからこそ、楽天会員ランクに応じてカードローン審査を優遇することができるのです。これが審査優遇の仕組みです。

楽天カードで楽天市場で買物するとポイント還元率は2.0%になるため、毎月約3万4000円の買い物を楽天市場でしていれば、ダイヤモンド会員になるレベルです。

ダイヤモンド会員:過去6ヶ月で4,000ポイント以上

年間40万円ぐらいの買い物をしてくれる会員であれば、十分に審査を優遇できるだけの利益が楽天グループに出ている可能性は高いのです。

常連客だから審査を優遇する

仕組になっているのです。

楽天銀行カードローンのようにウェブサイトに明示するケースはほとんどありませんが

実際に他の銀行カードローンでも

給与振込口座(メインバンク)があれば審査を優遇する
住宅ローンを利用中であれば審査を優遇する

形でカードローン審査を行っているカードローン会社は少なくないのです。表に出てこないだけで楽天銀行だけが特別なわけではありません。

楽天銀行カードローンの審査優遇の注意点

会員ランクが低いとほとんど審査が優遇されない?

年間40万円の楽天市場での買い物が必要なダイヤモンド会員なら審査優遇できる可能性は高いのですが、シルバー会員は年間2万円の買い物でなれてしまうため、ほとんど常連客と言えるほどの利益を楽天グループに与えていないことになります。

明示されていないので推測の範囲はでませんが、シルバー会員はほとんど審査は優遇されないと考えて良いでしょう。

審査優遇を目的にわざわざ楽天で買物をするのは本末転倒

「他のカードローン審査に落ちたから、審査優遇のために楽天会員ランクを挙げなければ、よし楽天市場で買い物をしよう。」

というのは本末転倒です。お金に困っているからカードローンを利用したいのに、そのために無駄遣いをするのは理屈が合いません。審査優遇はあくまでも今現在楽天会員ランクが高い方が、カードローンを比較検討するときに「審査が優遇される方が良い」と判断した場合に利用するものです。

審査優遇自体を目的にカードローンを選ぶものではありません。

楽天銀行カードローンはこちら