calendar128_128

カードローン審査では「過去の債務整理や自己破産」もチェックされます。「過去の債務整理や自己破産」とカードローン審査の関係はどうなっているのでしょうか?

債務整理や自己破産をしているとカードローン審査が通らない理由

債務整理や自己破産という制度は、お金を借りていて返済が困難になった人にとっては、「借金が減る」「借金がなくなる」ありがたい制度なのですが、これはお金を貸した金融機関から見ると非常に迷惑な存在なのです。

債務整理や自己破産の立場の違い

  • 債務者(お金を借りた側) → 借金が減る・なくなる便利なもの
  • 債権者(お金を貸した側) → 貸したお金が返ってこない貸し倒れ(損失)

となってしまうのです。

当然、カードローン会社からしたら

「一度でも、債務整理や自己破産をした人は同じことをもう一度する可能性が高く、貸し倒れリスクが大きいので、カードローン審査を通したくない。」

というのが本音なのです。

過去の債務整理や自己破産の事実は個人信用情報でわかる

では、過去の債務整理や自己破産の事実をどうやってカードローン会社は把握するのでしょうか?

金融機関同士で共有している情報ネットワークである「個人信用情報」では、債務整理や自己破産があったら、そのときに金融機関は信用情報に情報を掲載するので、「個人信用情報」を照会すればその人が過去に債務整理や自己破産をしたかどうか?がわかるのです。

正確にいうと債務整理や自己破産をすると「個人信用情報」に「異動」という記号が記載されてしまうのです。

個人信用情報に「異動」という記載がある方は、ほぼカードローン審査は通らないのです。

過去の債務整理や自己破産でカードローン審査が通らない場合の対策

1.個人信用情報から「異動」が消えるまで待つ

実は個人信用情報には情報の保有期間というものが決まっています。

一定期間を経過すると情報は掲載されなくなるのです。

つまり、「異動」の記号も一定期間経過後には個人信用情報から消されることになります。

情報の掲載期間は

  • 債務整理(任意整理) → 契約終了日(利用停止)から5年間を超えない期間
  • 自己破産 → 当該決定日から10年間を超えない期間

※過払い金返還請求は「異動」情報は記載されません。審査落ちの理由にはならないのです。

簡単に言えば、弁護士に依頼して借金を減額する任意整理なら、5年間。自己破産の場合は10年間経過すると個人信用情報から「異動」の記号も消されることになります。

長い期間ですが、この期間を経過することでカードローン審査に通るようになるのです。

個人信用情報は自分で確認することができるので、「いつ消えるのか?」があやふやな方は確認してみると良いでしょう。

2.家族に借りてもらって、それを借りる

どうしても債務整理、自己破産をした直後にお金が必要と言う場合には家族に頼んでカードローンを作ってもらって、それを借りるという方法もあります。

ただし、これは家族に迷惑がかかるとともに、また甘えて返済をしなくなってしまうリスクもあるのでおすすめできません。

まとめ

債務整理や自己破産があると最低でも5年間はカードローン審査に通る可能性はほぼありません。

じっと、「異動」情報が消えるまでローンを利用せずに待つ必要があります。この期間中に貯金をする癖をつけるなど、別の努力をしておくとカードローン自体を使う必要がなくなるかもしれません。