man128_128カードローン審査の属性審査におけるスコアリングの点数は、職業によっても大きく変わってきます。ここでは、カードローン審査の通りやすさと職業の関係について解説します。

カードローン審査とスコアリング評価の職業比較

属性属性の重要度分類評価
職種医師、弁護士
公務員
正社員
自営業
派遣社員
アルバイト、パート
専業主婦×

カードローン審査では「収入の安定性」が問われる

カードローンの申込み条件を見ると

安定した収入がある方

と記載されています。

つまり、カードローン審査でもっとも重要視されるのは「収入の安定性」なのです。

「収入の安定性」に直結するのが職業なのです。

「収入の安定」した職業がカードローン審査では有利

「収入の安定」した職業がカードローン審査では有利になります。

一番「収入の安定性」が高いと考えられているのは

  • 弁護士

  • 医師

は確固たる国家資格があり、資格があればいつでもどこでも雇ってもらえることが安定性の評価が高い理由と言えます。

同様に看護師や薬剤師、税理士、司法書士なども弁護士や医師ほどではありませんが収入の安定性は高い職業と考えられています。

また

  • 公務員

も安定した職業と考えられ、スコアリング評価が高い職業です。国が雇用しているため、倒産のリスクはほぼありませんし、一般の企業で働いている方よりもクビになる可能性も低いからです。

次に「収入の安定性」が高いと考えられているのは

  • 正社員

です。

厳密に言えば同じ正社員であっても

  • 上場企業なのか?
  • 帝国データバンクに掲載がある企業なのか?
  • 帝国データバンクに掲載がない企業なのか?

でスコアリング評価は変わってきますが、それでも正社員は首にならない、自主的に辞めない限りは働くことができるので収入が安定していると考えられるのです。

ここからは「収入の安定性」が低いと考えられている職業です。

  • 自営業・個人事業主・会社経営者

会社経営をしている方、自営業の方は、びっくりする年収の方もいれば、収入がほとんどない方もいます。また、年によって大きく収入が変動してしまう職業です。

そのため、「収入の安定性」は低いと考えられています。カードローン審査は収入が多いか少ないかではなく、安定しているかどうかをチェックするものだからです。

同じ会社経営者でも、帝国データバンクに掲載がある企業で経営が安定しているのであれば評価は高くなりますし、帝国データバンクに掲載がない=会社の存在が確認できない場合には審査はの評価はさらに下がってしまうのです。

  • 派遣社員

  • アルバイト・パート

どちらも短期雇用です。つまり、将来も働き続けられるかどうかの保証がないのです。そのため、スコアリング評価は低くなってしまいます。

とくに短期雇用の場合は、勤続年数も大きな評価ポイントになってきます。アルバイトでも3年勤務していればそれなりの評価になりますし、1ヶ月の勤務では審査が通らないことが多くなってしまいます。

  • 専業主婦

  • 学生

専業主婦・学生の場合は「収入の安定性」が高いか?低いか?の前に収入がありません。専業主婦であれば配偶者に十分な収入があれば一部の銀行カードローンで借り入れができる可能性がありますが、無収入の学生の場合は審査には通りません。

  • 無職

無職の方も、スコアリング評価以前に審査には通りません。

まとめ

カードローン審査では「収入の安定性」が重要視されます。

「収入の安定性」は職業と密接に関係があるため、職業と審査の通りやすさには相関関係があるのです。

収入の安定性が低い職業の方は、勤続年数を増やすことによってスコアリング評価を上げる必要があるのです。