phone128_128

カードローンを申込むとほとんどのカードローンの場合には「在籍確認」という手順を踏むことになります。「在籍確認」は単なる手続きのひとつではなく、立派なカードローン審査のひとつなのです。

では、「在籍確認」では何がチェックされ、どういう注意点があるのでしょうか?

カードローンの在籍確認って何をするの?

そもそも、在籍確認というのは何をするものなのでしょうか?

カードローン会社の立場に立ってみると

カードローン会社は「収入に対して、いくら返済できるのか?」の返済余力を確認して、それをもとにお金を貸すのです。

しかし、カードローンの申込みフォームは自己申告なので、収入証明の提出が必要な高額の借入(消費者金融なら50万円以上、銀行なら100万~300万円以上)以外の方は、ウソを記入する可能性がないとは言い切れないのです。

仮に無職の方が、「大手企業の勤務先を書いて年収500万円です。」と申告したうえで30万円の借入を希望した場合には、ウソでなければ審査は通るでしょう。

ウソだった場合には無職なので返済する方法がなく、貸し倒れになってしまい、カードローン会社が丸ごと損失をかかえることになってしまうのです。

そこで、カードローン会社は、申込みがされたら本当にその勤務先に努めているのか?を電話をして確認するのです。

これがカードローンの「在籍確認」です。

電話で会社に確認すると言うことは、会社の同僚や上司にカードローン利用がばれちゃうの?

多くの方が不安に感じる点だと思いますが・・・

ばれる可能性はほぼありません。

というのも、カードローン会社は「在籍していることが確認できればそれでいい」のです。

そのため、

  • カードローン会社の社名を名乗って電話をしない
  • カードローン会社の電話から電話をしない(個人の携帯からの連絡)
  • カードローンの在籍確認であることを伝えない(○○さんいますか?)

と徹底してプライバシーを守る形でおこなわれるのです。

田中一郎さんがカードローンを借りた場合の在籍確認は

個人の携帯から会社宛に「鈴木と申しますが田中一郎様いらっしゃいますでしょうか?」と電話が入るだけなのです。

担当の方が「今席を外しているようです。」と回答したら、これで在籍確認はOKなのです。

カードローン審査の在籍確認で審査落ちになるケースとは?

では、どういうケースでは在籍確認の問題で審査落ちになるのでしょうか?

  • 勤務先の会社の電話が料金未納などの理由で止められている
  • 勤務先の会社の電話に誰も出ない
  • 勤務先の会社の電話が転送設定されている
  • 勤務先の会社の人に「無断欠席している」と返答される
  • 勤務先の会社の人に「在籍していない」と返答される
  • 勤務先の会社の電話が携帯電話

などです。

普通に会社で働いている方であれば、上記のようなことにはほぼなりません。

在籍確認でミスをしないために

本当に会社に所属しているのにちょっとしたミスで在籍確認が行われないことがあります。

少人数の会社で休日は社長の携帯電話に転送設定

2人、3人の会社の場合休日は固定電話から社長の携帯電話に転送設定されているというようなケースがあります。この場合、運悪く会社の休日にカードローンに申込んでしまったら、社長の携帯電話に転送されてしまいます。ここで社長が出てくれるのであれば問題ありませんが、お風呂に入っていて出れないなどの場合には在籍確認が通らないというケースもあるのです。

こうならないためには事前に社長に伝えておくか、カードローン会社に在籍確認のタイミングの希望を伝えておく必要があります。(社長に話す場合にも、カードローンを申込んだと正直に言う必要はありません。クレジットカードに申込んだんで在籍確認の電話が行くかもしれません。と言っておけば良いのです。)

派遣社員の場合に、派遣先の勤務先・連絡先を申込みフォームに書いてしまった

ついつい、派遣社員だと派遣先の企業が大手企業というケースが多く、大手企業の方が審査に通りやすいだろうとカードローンの申込みフォームに派遣先の企業名を記載してしまう人がいます。

しかし、この場合には在籍確認で派遣社員の確認ができていないケースなどがあり、在籍確認ができなかったということも起こりうるのです。

基本的には勤務先企業というのは、お金をもらっている会社のことなので、派遣元の企業になります。カードローン申込み時には派遣元企業の情報を記入しましょう。

また、不安な方は派遣元企業の担当者に「在籍確認の連絡が入るかもしれない」という旨を伝えておくと良いでしょう。

在籍確認のないカードローンってあるの?

あります。

セブン銀行カードローン

など一部のカードローンでは、電話連絡なしで借り入れが可能になっています。この場合も、「※在籍確認をする場合があります。」というような但し書きが書いてあるため、100%ではありません。

在籍確認が不安な方は上記のような在籍確認なしのカードローンに申込むと良いでしょう。

まとめ

在籍確認も立派なカードローン審査の一部なのです。

他の審査が通っていても、在籍確認ができなければ審査に落ちてしまうこともあるのです。

軽く考えずに、在籍確認で失敗しないように心がけましょう。

カードローン人気ランキングはこちら