mushimegane128_128

カードローンを利用するときも他社借入金額を調べる必要があります。ここで自分が把握している他社借入金額の総額と、消費者金融や銀行が把握しているあなたの他社借入金額に大きなかい離があれば、それだけで信用できない人として審査に通らない可能性が出てきてしまうのです。

また、債務整理や任意整理、自己破産を検討している場合も、弁護士に依頼するのであればまず正確な借入先と借金総額を把握する必要があるのです。これがないと先に進みません。

今回は、正確な自分の借金総額・借入総額を調べる裏技を解説します。

借金総額・借入総額を調べる方法

大きく分けて

  1. 借入先がわかっている場合の調べ方
  2. 借入先がわかっていない場合の調べ方

の二通りがあります。

借入先がわかっている場合の調べ方

1.明細書で調べる

カードローンやクレジットカードのキャッシングなどを利用していれば、毎月利用明細が送られてくるはずです。利用明細という名称でなくても、請求書、領収書というようなものが送られてきているはずです。

利用明細には今のローン残高と利用しているローンサービス名、会社名が記載されています。

最近は、郵送はなく、ウェブ明細だけというケースもありますが、この場合でもID/PASSがわかっていれば、マイページにログインして調べることが可能です。

ID/PASSがわからない場合は、該当の金融機関のウェブサイトからID/PASSの確認の問い合わせをすれば解決します。

2.取引履歴の開示請求をする

金融機関の場合、銀行でも、消費者金融でも、クレジットカード会社でも、「取引履歴の開示請求」という手続きが行えます。

これはローンサービスだけではないのですが「取引履歴の開示請求」をすれば、該当の金融機関で利用していたサービスの取引履歴が手に入るのです。

基本的に「取引履歴の開示請求」は無料でできるものがほとんどです。

まずは電話で該当する金融機関に「取引履歴の開示請求」を依頼してください。

金融機関によって

窓口で「取引履歴の開示請求」の依頼書を書いて提出することで受け取れるもの
FAXや郵送、インターネットで「取引履歴の開示請求」の依頼書を書いて提出することで受け取れるもの
・・・

など依頼方法が違うケースがあります。

基本的には「本人確認書類」と「取引履歴の開示請求の依頼書」を提出することで受け取れるものになっています。

借入先がわかっていない場合の調べ方

「そもそも、どこから借りているかよくわかっていない。」という方も多いと思います。

「少額のクレジットカードのキャッシングがリボ払いで残っていた。」
「請求書を見るのが怖くて、どこから借りているかもわからない。」
・・・

というケースも少なくないのです。この場合はどうすれば良いのでしょうか?

3.個人信用情報の本人開示請求を行う

個人信用情報とは

金融機関同士がローンサービスの借入情報を共有して、審査時にその人の氏名と住所を入力すれば、その人のローンサービスの利用情報が照会できるもの

です。カードローン審査では必ず審査担当者は、この個人信用情報をチェックします。

カードローンの審査基準「個人信用情報」審査とその審査項目を徹底解明!

また、カードローン審査に通って利用が始まった場合、申込みがあった場合にも、この担当者は個人信用情報に自社のローン利用情報を入力するという義務があるのです。

カードローン会社は信用情報機関に加盟していて、加盟すれば「誰がどのローンにいくら借りているか?」がわかるかわりに、自分の会社の顧客の情報も信用情報に追加しなければならない義務を負うということになるのです。

逆に言えば、「個人信用情報」を見れば、自分のローンサービスの利用状況がわかるということを意味します。

※闇金などの場合は、信用情報機関に加盟していないため、個人信用情報を調べても情報が載っていない可能性が高いです。ただし、この場合はカードローンの審査担当者も把握することができないので、カードローン審査には影響がありません。

個人信用情報には

ご契約内容に関する情報

契約日、契約の種類、商品名、支払回数、契約額(極度額)、契約終了予定日、登録会社名等

お支払状況に関する情報

報告日、残債額、請求額、入金額、入金履歴、異動(延滞・保証履行・破産)の有無、異動発生日、延滞解消日、終了状況等

が記載されているため、これで「借りた会社名」「今のローン残高」「利用しているローンサービス名」などがわかるようになっています。

信用情報機関は3つある

個人信用情報の開示請求をする前に理解しておく必要があるのは、個人信用情報を管理する信用情報機関は3つあるということです。

1.CIC((株)シー・アイ・シー)

主にクレジットカード会社、信販会社、リース会社、消費者金融、携帯電話会社などが加盟している個人信用情報機関。

2.全国銀行協会(KSC)

銀行、信用金庫、信用組合、農協、労金などが加盟している個人信用情報機関

3.JICC((株)日本信用情報機関)

貸金業、クレジット会社、リース会社、保証会社、金融機関の与信などの個人信用情報機関

どこで利用したかがわからなければ、3つの信用情報機関すべてに本人開示請求をしなければなりません。

ある程度利用したローンサービスの会社のジャンルがわかれば

  • 銀行 → KSC
  • 消費者金融 → CIC、JICC
  • クレジットカード会社 → CIC

と絞り込むことが可能です。

個人信用情報の本人開示請求の方法

現在は、比較的簡単にインターネットから本人開示請求をすることができます。

CICの場合

1.CICのウェブサイトから本人開示請求の開始ボタンをクリック

2.お客様情報の入力

3.手数料支払いのクレジットカード情報の入力

手数料は1,000円前後です。

4.入力内容の確認

5.開示報告書のダウンロード/保存

CICの開示報告書例

cickojinmikata

個人信用情報の見本と内容:PDF

JICCの場合

1.JICCのウェブサイトから開示申込書の作成

2.「クレジットカードでの開示等手数料お支払い票」と「本人確認書類」と「開示申込書」を郵送

3.郵送で開示報告書を受け取る

KSCの場合

1.KSCのウェブサイトから開示申込書の作成

2.「定額小為替証書」と「本人確認書類」と「開示申込書」を郵送

3.郵送で開示報告書を受け取る

※「定額小為替証書」は郵便局またはゆうちょ銀行直営店で買えます。

CIC以外は若干面倒なのですが、これらの方法で3種類の個人信用情報の本人開示報告書を受け取れば、ほぼすべてのローンサービスの利用情報が集まります。

正確な自分の借金総額・借入総額を調べることは重要

新しいカードローンに申込もうと考えている人も
債務整理などで借金を整理したいと考えている人も
計画的な返済をしていきたいと考えている人も

まずは、今の借金の正確な情報を入手しなければ、計画が立てられません。

弁護士に相談するにしても、現状の把握が最優先の重要事項なのです。

「ざっくりこのぐらいだな。」という認識では、着実な返済などできないのです。

正確な数字を把握したうえで、借り入れを増やすにしろ、返済をするにしろ、計画性を持って実行する必要があります。

まとめ

正確な自分の借金総額・借入総額を調べる方法には

借入先がわかっている場合の調べ方

1.明細書で調べる
2.取引履歴の開示請求をする

借入先がわかっていない場合の調べ方

3.個人信用情報の本人開示請求を行う

という方法があります。