orix128_128オリックス銀行カードローン審査に関する情報を集めて審査基準などを推察します。

オリックス銀行カードローン審査主体

保証会社は、オリックス・クレジット株式会社、新生フィナンシャル株式会社です。
オリックス・クレジット株式会社はオリックス銀行の完全子会社です。

オリックス銀行カードローンの申込み対象

満20歳~65歳以下

  • 正社員
  • 主婦
  • パート
  • アルバイト
  • 派遣社員
  • 年金受給者 ※年金以外の収入がある方
  • 外国人 ※外国の方でも日本への永住権をお持ちの方

オリックス銀行カードローン審査スピード

  • 最短即日審査可能

オリックス銀行カードローン審査時に照会する個人信用情報

  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

オリックス銀行カードローン審査関連のサービス

最短即日審査回答

最短即日で審査回答が行われます。ただし、ローンカード発行後に必要書類の提出などがあるため、ローンカードの郵送までは利用できないので、即日発行ではありません。

オリックス銀行カードローン審査に影響するサービス

オリックス銀行カードローン審査に影響する法律

総量規制対象外

オリックス銀行カードローンは、銀行カードローンなので、年収の3分の1までしか借りられない総量規制は対象外になります。しかし、現実的には消費者金融カードローンよりも上限金利の低い銀行カードローンで年収の3分の1を超えて借りられるケースは決して大きくないのです。

オリックス銀行カードローンの審査と保証会社「オリックス・クレジット株式会社」の関係

保証会社というのは、カードローンの返済が滞った場合にカードローン利用者の代わりに保証契約をしている銀行へ、ローンの残債を返済する義務を持ちます。つまり、オリックス銀行カードローンの場合も、オリックス銀行カードローンの返済が滞納すればオリックス・クレジットが肩代わりしてオリックス銀行に返済をするのです。

結果的に、貸し倒れリスクを負うのは保証会社である「オリックス・クレジット」になるのです。そのため、オリックス銀行カードローンの審査というのは保証会社である「オリックス・クレジット」が行っていると言っても過言ではないのです。

オリックス・クレジットが審査するのであれば、オリックス・クレジットが審査するのであれば、消費者金融カードローンであるオリックス・クレジットのカードローン「オリックスVIPローンカード」に申込んだ場合とオリックス銀行カードローンに申込んだ場合で、審査基準もほとんど変わらないと考えられます。

当然、オリックス銀行カードローンの方が上限金利が低金利なのでその分厳しくなるのは間違えありませんが、オリックス銀行のカードローンも金利はそれほど低く設定されていないので、審査基準はほとんど同じ可能性が高いのです。下記には保証会社であるオリックス・クレジットの審査データから、オリックス銀行カードローンの審査を推察しています。

オリックス銀行カードローン審査の実績データ

オリックス・クレジットは審査通過率などの実績データを一部しか公開していません。オリックス・クレジットの審査データから、オリックス銀行カードローンの審査を推察します。

約定金利が驚くほど低いオリックス・クレジット

  • オリックス・クレジットの約定金利平均:9.55%
  • 10%以下の貸付:59.29%

※2014年4月~2015年3月実績

オリックス・クレジットはオリックスグループの消費者金融ですが、他の大手消費者金融の約定金利平均が15%~16%なのに対して、オリックス・クレジットは9.55%と著しく低金利での貸し付けをしている消費者金融です。大手消費者金融と比較して、ダイレクトマーケティングで店舗や人件費が抑えられていることがこの数字の理由です。

審査通過率などは公開していませんが、金利がここまで低いということは審査通過率も必然的に厳しく設定している可能性が高いと考えられます。

高額な融資が多い

  • 100万円超の残高構成比:70.4%

※2014年4月~2015年3月実績

他の大手消費者金融の場合、100万円超の残高構成比は50%前後です、ここが70%と高いということは高額な融資を積極的に行っていることになります。比較的大口の借入に向いているカードローンと言えるでしょう。

オリックス銀行の事業形態からオリックス銀行カードローン審査を推察

オリックス銀行は、東京に本社を置く、オリックス傘下の信託銀行です。信託銀行ではありますが、ネット銀行のように個人向けの金融商品「定期預金」や「カードローン」などで存在感がある銀行と言えます。

オリックス銀行カードローンの保証会社であるオリックス・クレジット株式会社は、オリックス株式会社の完全子会社で、消費者金融になります。クレジットという名前がついていますが、消費者金融であり、篠原涼子を使った「オリックスVIPローンカード」のCMなどで知名度の高い消費者金融です。

オリックス・クレジット株式会社は基本的に店舗を持たないダイレクトマーケティング型の消費者金融であるため、アコムやプロミスなどの大手消費者金融よりも、運営コストが抑えられる特徴があり、貸し出しデータからもわかるとおり、約定金利平均が大手消費者金融もかなり低金利になっているのです。

本来、運営コストが抑えられているのであれば、カードローン審査も甘くなりそうなものですが、審査を甘くするよりも、金利を低金利に抑えていることがデータでは明らかになっているため、審査が通りやすいということはないと推察されます。

同様にオリックス・クレジット株式会社が保証会社として入っているオリックス銀行カードローンも、同様に審査が特段通りやすいわけではないはずです。

まとめ

オリックス銀行カードローンの保証会社であるオリックス・クレジットの審査は傾向としては、平均約定金利が低金利である一方、100万円超の高額融資の割合が高く設定されています。

全体的に低金利の融資になっているため、審査は比較的厳しい可能性が高いカードローンです。

オリックス銀行カードローンの詳細はこちら