promise128_128プロミスカードローン審査に関する情報を集めて審査基準などを推察します。

プロミス審査主体

保証会社は使っていません。自社での審査になります。

プロミスの申込み対象

20歳以上~69歳以下

  • 正社員
  • 主婦 ※専業主婦は不可
  • 学生
  • パート
  • アルバイト
  • 派遣社員
  • 年金受給者 ※年金以外の収入がある方
  • 外国人 ※外国の方でも日本への永住権をお持ちの方

プロミス審査スピード

最短30分

プロミス審査時に照会する個人信用情報

  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)

プロミス審査関連のサービス

  • 借入診断

プロミス審査に影響するサービス

無利息期間サービス

はじめての方なら30日間無利息

というサービスがあります。無利息期間を提供しているということはその期間分のプロミスの収益は落ちることになるため、審査のハードルはその分高くなることが推察されます。

プロミス審査の実績データ

データ取得日:2015年1月~3月

審査通過率は業界トップクラス

審査通過率

消費者金融カードローンアコムレイクノーローンプロミスアイフルSMBCモビット
データ取得期日2015/1-32015/1-32015/1-32015/1-32015/1-32015/1-3
金利平均15.5%15.2%16.1%15.7%14.8%
新規申込数(人)124,242122,70122,043114,58695,217
新規貸付人数(人)58,15642,7004,10045,71542,45520,000
審査通過率(新規貸付人数/新規申込数)46.8%34.8%18.6%39.9%44.6%

審査通過率は約4割と平均30%~35%と言われる審査通過率の中では高めの数字と言って良いでしょう。無利息サービスを開始していますが、投入してまもない為、それほど審査通過率には影響を与えていないようです。アコム、レイクに続く行かい3番手ということもあり、なんとかトップに出るためにある程度、融資件数を重視している可能性もあります。

20代の利用者が多い

年齢別新規貸付構成比

消費者金融カードローンアコムレイクノーローンプロミスアイフルSMBCモビット
~29才47.0%14.0%4.4%43.0%
30~39才20.1%27.5%21.8%22.7%
40~49才17.8%27.2%37.1%19.1%
50~59才10.6%18.8%24.3%10.7%
60才~4.5%12.5%12.4%4.5%

プロミスの年齢別構成比はアコムほどではありませんが、20歳~29歳の割合が高くなっています。若者を重視しているスタイルの消費者金融であることがわかります。20代+30代の構成比は消費者金融で一番高く、30代も含めた若者にとって有利な審査基準となっていることが推察されます。

500万円以下の年収がほとんど。年収は影響しない?プロミス審査

年収別新規貸付構成比

消費者金融カードローンアコムレイクノーローンプロミスアイフルSMBCモビット
200万円以下25.5%11.4%6.3%19.9%
200万円超  500万円以下64.7%61.6%50.5%72.7%
500万円超  700万円以下6.8%17.3%23.3%7.4%
700万円超 1,000万円以下2.4%9.7%19.9%
1,000万円超0.6%

プロミスの場合は、200万円~500万円の構成比が72%とダントツに高いことがわかります。200万円以下の19.9%も含めれば、92.6%が500万円以下の年収であることがわかります。つまり、高年収であることが審査にはあまり影響しないということを意味しています。また、同時に年収が少ないゾーンが多いということは、1件あたりの融資金額もそれほど高くないということです。

貸付残高構成比

消費者金融カードローンアコムレイクノーローンプロミスアイフルSMBCモビット
10万円以下1.4%1.2%2.3%1.9%33.8%
10万円超 30万円以下10.0%8.6%8.4%8.3%23.0%
30万円超 50万円以下26.9%21.7%15.1%23.1%23.0%
50万円超 100万円以下24.0%31.4%23.7%22.7%11.6%
100万円超37.7%37.0%50.5%44.0%8.6%

プロミスの場合、他の消費者金融と比較して「100万円超」の割合が大きいことになります。前述した、20代、30代の構成比が大きく、1件当たりの貸付金額は少ないということと一見矛盾するように思えますが、初回貸付は若者中心に低額で融資して、返済実績が積まれてから増額で貸し付け残高が高くなっていることが推察できるのです。ある程度多めのゾーンに貸して、実績のある人の枠を引き上げるという方針なのです。利用者にとっては少額で良いので枠をもらっておきながら継続利用する利用方法がおすすめです。

プロミス事業形態からプロミス審査を推察

プロミスは三井住友フィナンシャルグループの完全子会社「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」が運営しているカードローンです。「プロミス」はサービスのブランド名であり、会社名ではないのです。

プロミスとSMBCモビットは同じ系列の消費者金融のカードローンであることを知る必要があるのです。プロミスとSMBCモビットの審査はほとんど同じ基準であることが想定されるのです。

まとめ

  • プロミス審査は消費者金融の中では高めの審査通過率
  • 20代~30代に有利なカードローン
  • 年収は審査に大きく影響しない
  • 一人当たりの貸付金額は全体的に低い傾向

です。CMなどを見てもわかるとおりで20代~30代の方におすすめのカードローンです。

プロミスカードローンの詳細はこちら